SecurityGateway for Email Servers v5.0リリースノート

10年以上に渡るメールセキュリティの専門知識を元に、SecurityGatewayはメールセキュリティを低価格で提供するために開発されました。ビジネスで求められるメールコミュニケーションに対して常に脅威となる、スパム、ウィルス、フィッシング、なりすまり、マルウェアから、システムを保護します。

SecurityGateway for Email Serversについては、こちらをご覧ください .

SecurityGateway 5.5.0 - 2018年 5月 8日

主な新機能

[17479] IPV6 への対応

IPv6に対応しました。SecurityGatewayは、OSがサポートするIPv6機能のレベルを検出し、可能な場合はデュアルスタックを検出します。 それ以外の場合、SecurityGatewayは両方のネットワークを個別に監視します。 IPv6の接続が可能である場合、外部へのSMTP接続は可能な限りIPv4よりもIPv6での接続を優先します。

IPv6のご使用に関連する設定は、設定 | システム | IPv6 から行えます。

変更点と新機能

修正点

SecurityGateway 5.0.1 - 2018年02月20日

変更点と新機能

修正点

SecurityGateway 5.0.0 - 2017年10月31日

主な新機能

[18924] 国別スクリーニング

地理的な情報を元にブロックするシステムを開発し、受信するSMTPやRemote Administration接続が承認していない地域からのものだった場合、これをブロックできるようになりました。この機能に関する新しい設定画面は、セキュリティ|不正使用対策|国別スクリーニング として追加されました。

変更点と新機能

修正点

Copyright ©2008-2018 MDaemon Technologies, Ltd.